いつでもうつでも君が好き。僕には何が出来ますか?鬱と闘う人とその人を大切に思う人を応援するブログです。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々考えながらこのブログを書いているのですが。
最近はここ彼女にも筒抜け出し(笑)
(というか、まぁ公表したのですがね。)

実は先ほど、ひとつだけコメントを消させていただきました。
せっかくのコメント申し訳ありません。
でも僕はそのコメントは彼女に見せたくなかったんです。

うつ病と詐病についてのコメントでした。
捉え方次第では、自分は鬱を詐病している。
そういう風に感じさせられるものでした。
コメントくださった方にそういう意図はなかったかもしれませんが。

単なる気分の落ち込みと鬱が違うことはわかっています。
それは傍から見ているだけではわからないこともあります。
だからこそ簡単に鬱だとかそうではないとか、
そういう発言はするべきではないと僕は思っています。

鬱を患う人はこう悩みもします。
「自分は怠けているだけなんじゃないか。」
僕自身も経験があります。

そして僕は今、ほとんど薬を飲まずやっていく中で、
やはりあの時、自分は鬱という病を患っていたのだと実感しています。

そしてその経験を少しでも生かせればと思い、
今、医大に入るための勉強をしています。

受験勉強ももちろんですが、
色々医療倫理や医療問題などの本も読むようにもしています。
その中で僕は心の病の告知は、
もしかしたらガンの告知にも匹敵するくらい、
またその病の克服は様々な難病にも劣らぬほど、
難しい問題だと思うようになりました。

人には様々な考え方がありますが、
僕は前述の考えの下に、彼女を支え、このブログを続け、
そして僕自身の夢を叶えたいと思っています。
先日の彼女と友達のごたごた。
なんとか解決したみたいで、少し安心しました。

なんでも僕が結構彼女を束縛して、苦しめているように、
彼女の友人には感じられていたみたいで。

ああ、僕もまだまだなんだなと改めて実感。
これからもよりよい恋人になれるように、
日々精進したいものですね。

で、今日は先日壊れてしまった携帯ストラップの代わりに、
彼女が素敵なストラップをプレゼントしてくれました(*^-^*)
僕の携帯の色、白によく合う、黒いネコのストラップ。
色合いとか考えて買ってくれたのがとても嬉しかったです(*^-^*)
先日、階段を踏み外した彼女。
幸いそんな大事には至らなかったのですが、
少し筋を痛めたようで。

今日は布団をリクライニングのベッド上に仕立て、
映画をダダ流ししながら、のんびり過ごしてもらいました。

横で僕は受験勉強…。

そしたら彼女、なんと「エルム街の悪夢」見ながら寝ちゃいました!!!(笑)
つわものというかなんというか・・・。

[日がな一日]の続きを読む
ついさっきの話。

なんとなくテレビをつけていたら、
僕と彼女がお互い好きなクラシックが流れてきた。
慌ててビデオに撮って、彼女にメール。
「『フィガロの結婚』がプチ特集してたからビデオしといたよ。
明日一緒に見ようね(*^-^*)」

しばらくしたら彼女から返事。

「うん(*^-^*)幸せだなぁ、あたしって…しみじみ」

なんかささやかなことだけど、
そう言う風に思ってもらえたことが嬉しい今日の僕でした。



これでとれてなかったら激しく落ち込みますけどね_| ̄|○

先日、彼女から急に
「少し会うのを控えた方がいいんじゃない?」
と切り出され、何が起こったかと驚きました。

結局は落ち着いて、今日ものんびり一緒に過ごしてますが(笑)

何でそう言い出したかというと、
友達に色々言われたことが原因らしく。
彼女のその友人は彼女が僕と付き合っていることが、
実は少し気に入らないようなのですね。
それはどうもこういう理由で(過去記事参照してください)。

僕が一番悔しくて堪らないのは、その子が彼女に
「いい男いたら紹介するよ。」
と言い、
「男と付き合ったら、絶対もっと綺麗になるよ。」
と言ったということ。

僕は彼女に相応しくない恋人なのでしょうか?

その子は僕と彼女のことを認めてくれていると思っていたので、
正直とてもショックでした。

…でも、まぁ彼女がそばにいてくれるので、僕は頑張れますけどね(*^-^*)

してましたが、ぼちぼちっとまた書き始めることにします。

さぼっている間も沢山コメントくださって
本当にありがとうございました。
大変申し訳ないのですが、
過去コメントに対してのレスは、
もう少しお待ち下さい。
もしかしたら書ききれないかもしれません。
物事は溜めるとよくないということを実感しました。
これからはきちんとコメントお返しするつもりなので、
どうかよろしくお願いいたします。

まずは最近の僕の近況…。

[長らくご無沙汰]の続きを読む
彼女とおそろいで買い換えました。

いや、僕はかなり買い渋っていたのですが、
とうとう僕の携帯の液晶が見れなくなってしまって・・・観念。

2時間くらいあーでもないこーでもないといいながら、
一度は別々の機種にもなりかけましたが、
結果、おそろいの色違いになりました。

色々悩みつつ、僕が心を決めた決定項は、ストップウォッチ機能(笑)

問題解く時間とか計るのに便利だなって・・・←一応受験生
訊いてみるものですね、そんな機能ついてるのもありました(笑)

で、結果、彼女を口説き落として、おそろいに。

携帯を落としやすい(壊しやすいともいう)僕に、
今日、彼女がホルダーを買ってくれました^^

ありがとう、なっつん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。