いつでもうつでも君が好き。僕には何が出来ますか?鬱と闘う人とその人を大切に思う人を応援するブログです。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このブログのことや、僕の近況、彼女のことなど話していたら、
「ちょっと甘いんじゃないの?」と言われてしまいました(苦笑)
なかなかわかってもらえなくて、
恥ずかしながら、初めて涙を見せてしまいました。
結局は分かり合えたと思うのですが。
これをきっかけに気まずくなることがなければいいのですが。。。

甘いかもしれないけど、彼女を支える。
今の僕にとって、これだけは誰にも譲れないものですね。
それを主張したら、最後には
「強くなったね。」と言ってくれました。

本当に強くなれていればいいのだけど。
だったら泣いたりしないよね(苦笑)。
リンク先、増えました。
ありがとうございます。
おってヒトツずつlinkカテゴリで紹介させていただきます。
しばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
読んでいて、とてもあったかい気持ちになりました。
実は私もちょっと病気っぽいんです。
そんな私にも大切なパートナーがいて、いつもやさしくしてくれり、厳しくしてくれたりしています。
彼女も、きっとそんなあなたの気持ちをうれしいと感じていると思います!
周りの人の反応 はもちろんいろいろなんだと思うけど、雅志さんが、したいようにするのが一番だと思います!
がんばって!
2005/09/18(日) 00:38 | URL | にゃんたろう #-[ 編集]
コメントありがとうございました。
鬱はいつ治るか分からない病気です。
だけど雅志さんのような方がいるのを知って嬉しく思います。
記事を見させていただきましたが雅志さんの彼女を想う気持ちは本物ですね。
どうか彼女を大切にしてあげてくださいね。
2005/09/18(日) 01:00 | URL | ヴィジュ #-[ 編集]
ありがとうございます
にゃんたろうさんへ>
はじめまして、コメントありがとうございます。
僕は弱虫で、今回みたいに信頼している人に納得してもらえなくて、
泣いてしまうようなやつですが、
それでも彼女のためにできることを少しずつ探していきたいと思います。
ゆっくり探していくしかないですよね。
励ましありがとうございました。


ヴィジュさんへ>
そうですね。
なかなか大変な病気だと思います。
でも僕自身、そう診断されて、通院治療したけれど、かなり元気になりました。
それは彼女のおかげでもあるので、
少しずつでも恩返ししたいと思うのです。
大切にしていきます。
ありがとうございました。

2005/09/18(日) 02:01 | URL | 雅志@お返事 #-[ 編集]
甘くないですよー
適切だと思います。

私は以前車椅子で生活する彼とお付き合いをしていましたが、私が鬱になってから負担に感じていたようです。
私としては、車椅子での生活をしていくという上で日常生活のある程度の負担は覚悟していたのですが、彼には私と付き合っていくココロの余裕がなかったようです。そんな彼には私も心を許せず、別れました。
私が鬱という状態で知り合った現在の彼は、少しでも理解してくれようとしてくれています。本を読んでくれている様子はありませんが、私のその場その場の状況に一生懸命対応してくれようとしています。それでも、鬱な気分ってやってきてしまうので、彼には申し訳ないなぁという気持ちがあります。どうしても波があるので。

ちょっと長かったですが、雅志さんは本当の意味で理解者であると思うし、これからも、このブログを通して同じ立場の人たちを勇気付けてもらいたいと思います。

なんて、ちょっと生意気でしたが、私の意見です。
2005/09/18(日) 09:20 | URL | mie #-[ 編集]
mieさんへ
ありがとうございます。
本当に色々な事情が絡み合っていて、
確かに甘い部分もたくさんあるんですよ。

でも今は夢物語でも何でも、とにかく僕自身がめげないこと、希望を捨てないことを第一に、
現実から逃げないことが、僕にできる最大で唯一のことなんですよね。

同じ立場の人たちと関わっていく中で、
ちゃんと現実とも向き合っていけたらなって思ってます。

どうもありがとうございました^^
2005/09/18(日) 10:31 | URL | 雅志@お返事 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ilovealways.blog24.fc2.com/tb.php/10-ed7df5cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。