いつでもうつでも君が好き。僕には何が出来ますか?鬱と闘う人とその人を大切に思う人を応援するブログです。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通院日でした。
寝つきが悪いってことは言ったけど、
薬が残ってるのかな?ってのはいい忘れました(爆)

僕は今の主治医との関係というか、距離感はとても気に入っているのですが、
それでも前に出ると言うことを忘れてしまうことなどはよくあります。
合わないタイプだと余計に大変だと思います。

ある本に精神科・心療内科の場合は、(ある程度)積極的に、
ドクターショッピングをしてもいいのではないかとありました。



僕も同感です。
相性大切なので。
結構、リンクしていただいているブロガーさんの中には、
主治医と合わずに悩んでいらっしゃる方も多いように見受けられます。
心身の問題だけではなく、地理的、金銭的な問題もあるでしょうが、
そういうものを乗り越えて一緒に戦える主治医と出会えますように。


こんな本もあります。



この本で扱われる医師というのは癌関係ですが、
精神科にも共通するものはあるように思います。
何かの参考になるかもしれません。
よかったら一度ご覧になってみてください。
スポンサーサイト
えっと、書籍ではないですが。
一応、紹介なので。

実は先日からずっと僕の心から離れない歌がありました。
あまり最近のヒット曲とかを知らない僕が、
ふと街で耳にして、そしてずっと気になっていた歌でした。
だんだん流行りは終わってきてしまいましたが、
それでもこの曲を彼女に贈りたいと思っていました。

それはこの曲です。



かなりヒットしたようですね。
僕はこれをちゃんとフルコーラスで聴いたことないんです。
恥ずかしながら。

でも
「僕がそばにいるよ/君を笑わせるから/桜舞う季節数え/君と歩いていこう」
という歌詞が耳から離れず。

でも他の箇所の歌詞が悲しかったら切ないなぁと思って、
今日、CD屋に行って、わざわざ「うたマップ」で調べてもらって、
で、やっぱりこれは彼女に贈らなくては!
そう思ったので即買って、そして突然プレゼントしました。

「いまさら?」と少し笑われました(苦笑)

でも喜んでくれたようでした。
今、もし聴いてくれていたら嬉しいと思います。
日々、接し方には気をつけているつもりですが、
時々はこういう本を読んで思い出すようにしています。


中村 敬, 三宅 永 / マガジンハウス(2000/05)
Amazonランキング:454,433位
Amazonおすすめ度:



ってもあんまり囚われると苦しくなってしまうので、
ある程度読み物的に読むようにしています。

僕は読書が本当に好きで、暇さえあれば活字を追っています。
それができない時が、僕の鬱警報が発令される時なのですが、
そういえば最近はあまりないですね。
ありがたいことです。


[改めて気をつけなくちゃいけないこと]の続きを読む
最近のブログサービスってのは本当に便利で簡単で使える機能が多い。

で、僕が見つけた中でFC2の次に気に入ってるサービスがこれ。
(ごますっておく/笑)

ブクログWEB本棚サービス

で、このサービスで僕が作った自分の本棚がこれ。

「I want to be your tranquilizer. 」

鬱や自傷、強迫性障害、他にもそういった関係の本、
少しずつ読んだものを登録していくので、よろしければご参照下さい。

読んだことある本とかあったら、
それについてコメントなどいただけると、嬉しいです。

他にもいい本があったらぜひ教えて下さい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。